Skip to content

恋人の入れ墨を入れるリスクは、江戸時代にとっくに知られていた!|煙管の先か、ヨモギで焼いて消す苦しみが…

Research output: Contribution to specialist publicationArticle

恋人の名前のタトゥーを入れることは、世界のセレブを中心にいまも流行中だ。しかし、もしその恋人と別れてしまったら?
「若気の至り」が残す苦しみは、日本では江戸時代からよく知られたことだった。英国の大学教授が背景を説き明かす。
Translated title of the contributionThe risk of tattooing a lover's name was known back in 18th-century Japan! If the lovers parted, the tattoo had to be burnt off with a tobacco pipe bowl or mugwort...
Original languageOther
JournalCOURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)
PublisherKodansha Ltd
Publication statusPublished - 7 Apr 2018

Related information

Outputs

Relations Get citation (various referencing formats)

ID: 10104379